佐藤 辰徳 | Tatsunori Sato

山形で、木のうつわを作っています。

 

木が好きで、木の美しさに魅了され、何気ない日常生活の中でも、その美しさを感じられるようなうつわづくりを目指しています。

 

木のうつわは、経年変化があり、使い手がうつわを育てていくことができます。

だからこそ、木の質感を大事にしながら、長く愛着を持って使っていただけるようなものづくりを目指しています。

1987  福島県会津若松市生まれ

2014  武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 卒業

2014  仏壇製作に携わる(〜2018)

​2018  sato wood studio 設立

 

活動歴

2019  ウッドデザイン賞2019 受賞「役目を終えた"木"から生まれる一輪挿し」

2020  第一回杜のみやこ工芸展 入賞「桑拭漆盛器」

 

取扱店

「花とお茶 鴇色」山形市七日町2丁目4-8 / 一輪挿し

「0035gather」山形市双葉町1丁目2-38 / うつわ・一輪挿し